ネイル

ネイルに行ってきました。
2週間前からそろそろ行きたいなーと思っていたのに、予約が取れなくて。
我慢に我慢を重ねてやっと行くことができました。
夏はネイルがしたくなる季節なんでしょうね。

伸び伸びになっていた爪が切れてスッキリ、サッパリ。
ハゲハゲになってた爪が綺麗になって大満足です。

今回も前回につづき夏デザインにしました。
シェルとパールのパーツがとっても可愛いので、今回もそのパーツを使ったデザインを選びました。
前回はピンクだったので、今回は水色。
水色にキラキララメを重ねてもらって、the 海、the 夏っていう感じのデザインになりました。
かわいくて、かわいくて。
見るたびに顔がニヤニヤしちゃいます。
やっぱり夏デザインのネイルは可愛いですね。
春の桜ネイルも大好きですが、一年の中で夏デザインが一番可愛いと思います。

水色で涼し気。
デザインも可愛くて。
しばらく楽しく生きて行けそうです。

男性はこのワクワクが理解できないみたいですよね。
自己満足ですけど、それでいいんです。
ネイルって人に見せる云々ではなく、自分が見て楽しむものなんですもの。
そりゃ、可愛いネイルだねー。
って言われたら嬉しいですし、そこから話しは発展しやすいですけどねー。

次の付け替えは8月末かな。
もう一回くらい夏デザインできるかなー。生理前、腰痛になる原因とは?

水谷君

オリンピックにすっかりハマってしまいました。
今日は、卓球男子の3位決定戦を見ました。
水谷君、銅メダル。
すごすぎます。
今まで卓球と言えば、愛ちゃんのイメージが強くて。
愛ちゃん大好きですし、石川佳純ちゃんも強いしかわいいし。
だから、卓球は女子の印象が強かったです。
女子の試合は見ますが、男子は見たことあったかなぁ。
でも、水谷君の活躍で男子の卓球も一気に注目度アップですよね。
なでしこちゃんやラグビーの時も思いましたが、マイナーなスポーツこそ「活躍する」というのは、とても大切なんだなー。
と思いました。

男子の卓球はパワーがあるせいか、ラリーの打ち合いでどんどん台から離れていくんですね。
激しいラリーがとっても面白かったです。
でも、あれだけ離れているのですから。
ヒョイってテニスのドロップショットみたいなのをやればいいのに・・・と思いますが、卓球では難しいのかしら。
ボール弾みますものね。
きっと難しいんでしょうね。

それにしても、水谷君。
私から見れば卓球顔というよりもサッカー顔。
一緒に見てた母に、「水谷君ってサッカー顔だよねー」と言ったら「そりゃそうでしょう。磐田の子だもの」と言われました。
あら。
静岡の子でしたか。
しかも磐田。
そりゃきっと小さい頃はサッカーをやってたに違いありませんね。
同じ静岡出身の子となれば、愛着も深まるもので。
水谷君の銅メダルがさらに嬉しくなっちゃいました。

友達は羽田陽区にソックリと言っていました。
確かに!!
どうしよう。
もう、羽田陽区にしか見えなくなっちゃった。

流行は死なず、繰り返すのみ

テレビを見てて、いやに花柄が多いことに気が付きました。花柄のワンピに花柄のブラウス。いつかどこかで見たような。極め付けは、ペイズリーのワンピースです。これ、私が初給料で買ったのと同じだ。
私の若かりし頃、ペイズリーが流行りました。そうそう男性も花柄のジャケット着てました。懐かしー。ピーコックファッションと言われてましたね。オスのほうがきれいだから、でしょうね。
流行は、繰り返すのですね。そう言えば、今はやりのロングカーヂィガンは、あのころのロングコートの焼き直しかしら。相当のスタイルでなくちゃ着こなせないのに、必死で引きずってましたね。
「お母さん、私のワンピース、どこかにないかな」。母曰く「あるわけないでしょ。あっても、もう入らないでしょ」だって。
みんなでコムサの黒いワンピを着てスナックに行ったら、「葬式帰りか」と、言われたことがあったっけ。
自分にふさわしい、自分の心意気を見せられるような衣装を着たい、と、いつも思っています。でも、それがなかなか難しい。どこで、何をする場か、相手はどんな人か。
何より、自分がリラックスしていられる服なのか。そう考えると、人気のブランドに頼ったり流行に乗ったほうが楽かも。でも、そんな資金ないし。