流行は死なず、繰り返すのみ

テレビを見てて、いやに花柄が多いことに気が付きました。花柄のワンピに花柄のブラウス。いつかどこかで見たような。極め付けは、ペイズリーのワンピースです。これ、私が初給料で買ったのと同じだ。
私の若かりし頃、ペイズリーが流行りました。そうそう男性も花柄のジャケット着てました。懐かしー。ピーコックファッションと言われてましたね。オスのほうがきれいだから、でしょうね。
流行は、繰り返すのですね。そう言えば、今はやりのロングカーヂィガンは、あのころのロングコートの焼き直しかしら。相当のスタイルでなくちゃ着こなせないのに、必死で引きずってましたね。
「お母さん、私のワンピース、どこかにないかな」。母曰く「あるわけないでしょ。あっても、もう入らないでしょ」だって。
みんなでコムサの黒いワンピを着てスナックに行ったら、「葬式帰りか」と、言われたことがあったっけ。
自分にふさわしい、自分の心意気を見せられるような衣装を着たい、と、いつも思っています。でも、それがなかなか難しい。どこで、何をする場か、相手はどんな人か。
何より、自分がリラックスしていられる服なのか。そう考えると、人気のブランドに頼ったり流行に乗ったほうが楽かも。でも、そんな資金ないし。